幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
* 応援してますよ *
■主に自分を

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「押さない、駆けない、夢をあらめない」
「時間が経つにつれ、携帯と友達は当てになりません」
「皆さんが無事建物に入ったのを見届けたら僕は帰って寝ます」
(自分が耳にした名言の一部より)
いやはや、あの空気。コミケとは素晴らしい。変態の変態による変態のためのイベント。長時間並び、信じられない人混みを搔き分け、また並ぶ。もしかしたら手に入れられないかも。そんなドキドキ感と、手に入れられた時の爽快感。あぁ、もしかしたら自分はMなのかもしれない。どちらかと言うと女の子がいじめられるほうが好きなんですが。もちろん、性的な意味で。楽しいならMでもいいか!


コミケ74戦果1

コミケ74戦果2



[コミックマーケット74イテキタヨー]の続きを読む
スポンサーサイト
こんにちは現実。さようなら夢の都。




1日目 17万人
2日目 18万人
3日目 20万人

夏はしばらくこの調子で行きそう。


3日間計16,7㎏ほど同人誌を購入しましたが、うーん、不本意な結果。冊数とか、レポとかはまた後日で。とにかく、気持ちのよい疲れ方をしてない。他の誰のせいでもない、自分のせいなんですけどね。


いやしかし、友人たちには感謝感激雨霰。いつもいつも返せないほどの借りを作ってしまって申し訳ない。
取り急ぎみなさんが気になりそうなところだけ。

手荷物『確認』は本当に確認でした。入場待機列の横をスタッフさんと警備員さんが歩いて回るかんじ。まずスタッフさんが「これから手荷物確認を行います。カバンを開けておいてください。みなさん、危険なもの持ってないですよね? これから危険なことしようとしてる人は今すぐ帰って頭を冷やしてください(参加者爆笑)」と言ってからスタート。和やかムードで終わりました。これなら入場が遅れる心配は無いですね。
ただ、待機列が解消されてからは、逆三角形の下に机を並べてちょこっと真面目にやってました。コンサートとかと同じようなかんじかな? それでも列が出来るようなことは無かったみたいだから安心して大丈夫だと思います。

そしてエスカレーター。こっちは大問題。どこもかしこも『1段1人』『1段空けて乗ってください』といったかんじ。だからエスカレーター前は大混雑です。しかも東のエスカレーターは東4前の1箇所だけしか動いてません。そのおかげでエスカレーター列がコスプレ広場入り口ぐらいまで……今回は特に東西の移動を減らしたほうがいいと思います。
なのは映画化決まりましたね。おめでとうございます。魔法少女の下へ、大きなお友達がたくさん集まります。劇場で叫び声が聞こえそうです。そんななのはの考え事。


悪魔っていうのはなのはの決意から生まれてるんだよ。「悪魔でもいいよ……」は尊敬すべきセリフだ。使命を胸に、友達の為なら本気を出す。それだけの重みがある。だからこそ、なのはは悪魔なんだ。
でもなんだ、魔王って。「魔王w」ってなんだよ。外野から茶々入れて何が楽しいんだ。本気のヤツを冷やかすなんて最低な野郎だよ。人間のクズだ。恥ずかしくないのか。こんなこと言う奴になのは好きを名乗る資格は無い。


あーっ、俺って気持ち悪い!
夏コミのサークルチェックをしながらぶつくさと。

すごく個人的な考えなんですが。
同人誌にニコ動ネタが出てくるとすごい冷める。「HA☆NA☆SE」とかまぁ色々。なんだろうね。わからんね。うーん。あと、なのはは『悪魔』はいいけど『魔王』だと首を傾げたくなる。なんとなくだけど。
自分の中での世界が違うのかな。同人っていうのは、まぁパロディであれ創作って気がするんだけど、どうもあそこからは創作臭がしてこない。切って繋いであはは面白いねはい終わり。極端な馴れ合いと目立ちたがり屋の世界で、深さとか強さとか体力とかが少ないような気がする。わかりやすく言うと「好き!」って気持ち。ただ面白いだけじゃない、気持ちっていうのが伝わってこない。そもそもほとんど無いんじゃないか。
同人誌も全部が全部気持ちが入っているかといわれると、うーん。でも、漫画やイラストを描いて、出版するっていう苦労をしている分だけ「あぁ、この人はこんなことをしてまで表現したかったんだ」って思える。なんとなく尊敬してしまう。作家さんは大人なんです。自分なんかよりもその作品が好きで、深く知っていて、愛しています。だからこそ、その尊敬する人がそんなネタを使うと失望して冷めてしまう、のかもしれない。
いや、ただ単純に優越感に浸っているだけなのかも。ニコ動みたいな大衆文化で気取ってんじゃないよ。一線を越えた同人誌こそファン活動だ。みたいな妄想。なんだよ、同人作家って言ってもその程度なんじゃん。みたいな。汚いね。
それも含めて。ローマ字にしたり文字の順番入れ替えたり同じようなことやってみたり、ガキの笑いじゃねぇか。ここいらの失望感もあるような気がする。作家さんは常に尊敬する大人であってほしい。

そんなことを考えつつ、初音ミクのサークルを探す今日この頃。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。