幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回更新する男、こうとんです。
週3回も渋谷に行くとは思わんかったよ!


Vistaでエロゲを実際に同時プレイしてみる

マルチエロゲウィンドウ実践編。あえぎ声合唱団とかできそうな予感。
エロゲの世界には入りにくそう。楽しめそうにないなぁ。でも、買ったら絶対やる。


エロゲキャラを攻略する順番

>幼なじみは最後。
 俺  が  い  る


忙しいけど、明日スキー行ってきますね。タダで。
スポンサーサイト
恥ずかしい男、こうとんです。
恥ずかしい。恥ずかしい。恥ずかしい! わかってたんだよ。でもさ、掻き立てられる妄想ってあるじゃん? それを、こう、ぼーんと、ね?
そんなkanonのお話でした。


萌え画像貼りまくり保存しまくるスレ

「萌え」は話し言葉じゃなくて書き言葉。これ自分の格言(?)です。実際この言葉が育ってきた土壌が書く世界だったから書くほうに進化するのは当たり前なんだけどね。

で、この当たり前なことが分かってない人が世界にいっぱいいると思うんですよ。例えるなら、猫にお手をさせるようなもん。出来ないことはないけど、違和感がある。難しい。猫に災害救助なんてさせてもしょうがない。つまり、適材適所ってことです。

「萌え」って言葉の「適所」は画面や紙の上。つまり2次元上なんです。だから「萌え」を3次元(現実)の人、モノに使うのは違和感があるわけです。

この先、どういう風に進化していくのだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。