幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大晦日に重い紙袋を持って帰還。いえっふー

レポとかは落ち着いてからでお願いします。
スポンサーサイト
毎回恒例軍資金。
C73資金

今回は15万円でございます。がんばります。

このお金で何を買うかと聞かれれば、そりゃもう同人誌なんですが、その同人誌を100冊150冊買ったところでコミケの素晴らしさを100分の1も味わえてないと思うと改めてそのスゴさを実感します。これだけ楽しいのに楽しみきれてない、そこに悔しさではなく新たな楽しさを見つけられる。たまらないね。これだからやめられない。だから無くなってほしくない。私達には何ができるだろうか。考えながら、行動しながらコミックマーケット73を楽しんでまいります。

楽しい出会いがありますように。
昨日は冬至だったんですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。かぼちゃを食べてゆず湯に入り、そしてゆずソフトへ。年末へ向けて風邪をひかないようにしないとね。


レポというか愚痴。ライブはよかったんですが……
[KOTOKO LIVE TOUR 2007 IN WINTER東京会場レポっぽいもの]の続きを読む
『図書館戦争』のアニメ公式サイトがオープン!ということで見てみる。そして感じる違和感。
「すごく…I.Gです……」って言いたくなるぐらいI.Gなんですが、いかんせん両コミック版のキャラデザがツボに入りすぎていて……特に『図書館戦争 SPITFIRE!』の力強い感じは自分がイメージしていたものにピッタリ。だから余計に心配。果たしてアニメ化は成功するのでしょうか。原作完結してるんだから変なアレンジ加えなくていいですよ?


早いものであと半月で年末です。つまりコミケ。
今回のポイントは

初音ミクを探せ!



[情報を制するものはコミケを制す]の続きを読む
ちょっと! あんさんなにしてんすか!
今回の飛び地は『あとりえ雅』だけかと思ってたのにまさか『ロケット野郎』まで犠牲になるとは考えもしなかった。さて、どうしよう。

思うに同人誌は『量>シャッター』。これはゆずれない。どんなに有名な作家の本を1冊持っていたって、無名の、だけど面白い本をいっぱい持っていたほうが価値があ。(有名作家の本がつまらないってことじゃない)。足を使って隠れた自分だけの名作を探すのが面白いんじゃないか。だから悩む必要なんか無いんだ。
しかし、相手はべっかんこう。我が愛しのべっかんこう。これがのいぢや西又葵etc...だったらすっぱり諦めていた。だけどべっかんは、べっかんだけは譲れない。理由を書き出すと丸1ヶ月ぐらいかかるだろうからここでは割愛。だけど、それだけ愛しているのだ。しかもレヴォが無くなった今、彼の本を読めるのは年2回このときだけ。その機会をみすみす捨ててしまっていいのだろうか。後悔は……するに決まっている。『他の本>べっかんこう』? いや、どうなんだろう。難しい。難しすぎる。なんだこれ。どうしたらいいんだ。

不眠症になりそうです。
20071208185648.jpg

オーバーフロー自重www
とらのあなで。

20071208150121.jpg

ピンボケは気にしない。

20071208151110.jpg

20071208151143.jpg

べっかんこう湯のみ付き。いえっふー
ただ、緩衝材ぐらいは入れといてほしかった。

背表紙はデジモン。裏表紙はジャンプSQの広告です。

まだ全部読みきれてませんが、『ごあいさつ』では「初心者が増えたけど皆で手を取り合って協力してコミケットという場を作っていこう」というありがたいお言葉が。そして記録班報告に3日目の地獄のトラックヤードが……なんだこれ。人しか見えねぇ。

アフターレポートより、次回の夏コミから時間を区切って会場の有効利用を考えるとか。混乱しなければいいけど……そんなコミックマーケット74は8月15日(金)・16日(土)・17日(日)開催予定。お盆直撃!
[VOCALOID2情報] CV02「鏡音リン・レン」公開

うおぉおぉぉ! 双子っすか! なるほど、『鏡』音か。男声も出せるって言ってたけど、まさか男キャラまで作ってくるとは。
下田麻美さんはこれから双子声優として売っていくのだろうか。

関連して、VOCALOIDの二次創作物を投稿できる『ピアプロ』公開。
とうとうニコニコに頼らない場を作りましたか。強気だ。



そんなわけで、鏡音リンがコーラスに入ってる曲です。よく聴こえないけど、なんとなく、力のある声のような……

音楽的なことはまぁ、詳しい人に任せて……やはり同人的な考えをしちゃうのが同人スキーとしての悲しいサガ。エロい本で『マスター(読者・ユーザー)×VOCALOID』の組み合わせ以外に『レン×VOCALOID(主にリン?)』本が出てくるというなんとも想像力をかきたてられる展開をしやがりましたよクリプトン。別にエロくなくても、ギャグ・シリアスetc...男女ってだけでかなり妄想の幅が広がる。同人界隈もいっそう盛り上がりを見せてくれると面白い。KAITO? それっておいしいの?
そして姉弟なのか兄妹なのか。個人的には兄妹のほうがいいのですが、ここは発表された(生まれた)順で姉弟となるのが定石かな。その辺はそのうちルールが出来上がってくるでしょう。議論が楽しみでしょうがないです。

表現・妄想。創作活動をする人へ常に刺激を与えてくれ、さらにその場まで与えてくれるクリプトンは素晴らしい会社なのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。