幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶を飲みながら更新中の男、こうとんです。
膀胱破裂注意報。俺の八甲田山が雪崩を起こす危険性あり。※関連


やっとこさ『いつか、届く、あの空に。』をクリア。長かった。半月かかった。途中で色々あって半月かかった。

そんなわけで、ネタバレ注意の感想です。



「さあ、死ににいこうか」

『いつか、届く、あの空に。』内で一番の名言。こんなキャラデザで、天体観測NLVとうたわれた作品でこんな表現が出てくるとは……もう期待裏切られまくり祭り。

ベースはギリシャ神話ですかね? その辺の知識は無いんでさっぱりなんですが、どうなんでしょう。
それは置いといてこの作品、言葉遊びが面白いです。『箱庭モノといえば、全てが伏線+回収されてるっぽい=面白い』という短絡的な意味のわからない思考を持ってる自分。強引なところがあるけども、街の名前から人の名前まで全て意味が繋がるこの快感。伏線回収万歳。


これなんてFate?

いや、もう文体とか演出とかその辺がFateに見えてしょうがない。それほどまでにFate。戦闘シーンの刀の残像の残し方まで見事にFate。
そんな劣化Fateとも言えそうな『いつか、届く、あの空に。』
「どうよ?」と聞かれたら「まぁまぁじゃね?」と答えられるぐらいのものにはなっていたと思います。心配されていた、広げすぎた風呂敷も無事に畳めてたしね。
問題は畳むときの手さばき(?)みたいなもの。日常パートはいいですよ。面白いです。ただ、問題はシリアスパートになったとき。文であれだけ空気を出してるのに、BGMやSEがしょぼいことしょぼいこと。聴いてて恥ずかしくなります。

それと、明らかにCG(1枚絵・背景)が少なすぎます。小説ではなくてエロゲなんだから、もっとイメージを見る視覚的な面白さが欲しかった。画面を黒くして想像を掻き立てるっていうのも表現の一つですが、ちょっとくどすぎでしたね。


文章の読みにくさもどうにかしてほしいと思ったけれども、謎解きっぽい作品だとこれでいいのかも。雰囲気ばっちりです。……プレイ途中で伏線があったかどうか忘れちゃうんですが。

エロは……うん。やってる途中にいろいろ考えすぎだ主人公。もっと集中しましょう。


ライターと演出の住んでるジャンルが合わないなと思った作品でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これから…
これからはじめようっと思った矢先…これですよ(笑
2007/02/15(木) 01:30 | URL | 暁 #pwutJTUc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osananajimi.blog24.fc2.com/tb.php/263-f2201471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。