幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼なじみのために生きているような男、こうとんです。
幼なじみが好きだーッ!


オーガスト新作『FORTUNE ARTERIAL』サイト公開

いえー
学園の設定やら転校生やら雑誌で色々と発表されているようですが、やはり一番気になるのは幼なじみ。便乗してちょっと幼なじみ論です。



見る限りだと、再会系幼なじみみたいですね。共有した時間の積み重ねの結果といえる、夫婦(?)設定が無いのがかなり残念。(義)姉妹もいないとなると、時間共有のアドバンテージっていうのをまったく使わないものになりそうです。このアドバンテージがないと他ヒロインルートに進むのに良心の呵責みたいなものが起こらないのでゲームとしてはいいんですが、これがないと、幼なじみはただの属性に成り下がってしまうというオマケ付き。

再会系と対になる『一緒系』も属性といっちゃ属性なんですが、こちらの場合、他ヒロインとは違う一歩リードした強力な絆というのもが付属します。
(義)姉妹にも強力な絆は存在するんですが、やはりそこには(本人がどう思っていても)第3者から見た『家族』が強く影響しています。幼なじみにも家族が当てはまる場合がありますが、しかし、第3者から見れば『他人』です。そこには他人ゆえの物理的・精神的な一定の距離があり、その距離が『たまらなく叫びたくなるもの』であり、その距離をどう縮めるかが幼なじみシナリオの肝となるのです。

この距離設定が無くなった幼なじみ。つまり再会系と言われる幼なじみを作った場合、そこには必ずと言っていいほど『過去の約束』があります。しかも時間の共有が少ない分強力な。これがないと、はじめに言ったように幼なじみはただの属性としての幼なじみしかなくなってしまうのです。

ここからは嗜好の問題です。
「幼なじみは文字だけでも幼なじみがついていれば幼なじみだ!」と言う人がいればそれでもいいんです。しかし自分は、

「幼なじみは幼なじみたる理由が無ければ幼なじみでない!」

と考えている幼なじみ原理主義者。やはり幼なじみには作品上ではある程度のアドバンテージを持っていてほしい。一番最初に攻略したくなるような幼なじみとしての魅力がほしい。そう考えている幼なじみバカ。
余談ですが、上に挙げた2点の他にも幼なじみという設定を生かした設定を探し求めています。

さて、再会系幼なじみが2人いる今作品。しかも姉妹ときた。1人なら王道で出来るんですが、2人やられるともちろんしつこい。幼なじみは文字だけの幼なじみになってしまうのか、それとも上手く料理してくれるのか。これによって今後のオーガスト幼なじみ期待度が大きく変わるでしょう。いろんな意味で楽しみにしてますよー


自分でプレッシャーを与えて、頑張って作品から得られるものを見つけてみます。気楽にプレイするのもいいけど、何か考えながらするのもいいよね。


コメントレスです。
SASAYAN☆さん
7話で桃葉がただのイタイ人だったので挽回を期待してますし、楽しみにしてますよ。ぽっぽ~ず!!(←?)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Lump of SugarのNURSERY RHYMEも
再会幼なじみ(姉妹)ですな。
あの作品のアズ(アズラエル)様は良かった。
2007/02/21(水) 23:48 | URL | 暁 #pwutJTUc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osananajimi.blog24.fc2.com/tb.php/269-5eb5d248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。