幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国がくしゃみしたら世界中が風邪をひくどころかインフルエンザになってショボーンな男、こうとんです。
今まで順調だったのに……ちくしょう、ちくしょうッ。
ま、そのうちインフルエンザも治るでしょう。焦らず待機。こういうときはじっとしてるのが一番ですよね。


そんなわけで本題。22話のまこぴー出現の理由。



ここで考えられるのは『奇跡』『祐一の夢(?)』のどちらかだと思います。
kanonの物語の一般的な解釈から見て、ここで奇跡を使ってしまうとここから先の物語が繋げなくなってしまうので、それはないでしょう。奇跡はあゆに使われなければいけません。ということは、これは意識が朦朧とした祐一が見た(感じた)夢(幻想)。直前に真琴との思い出を思い出していたり、「もし真琴がいたら……」と考えていたことからも、これは祐一の弱さが見せた夢だと考えられます。

ただ、真琴が現れた後に祐一の目の前が光りました。もしそこにあゆがいたとしたら、これは、奇跡が大きくなりあゆだけではなく真琴にも影響を与えたということになるかもしれません。あるいは祐一にか。

あの光りが祐一が見る夢への入り口だと考えられるかもしれません。(いや、夢というか幻想?)倒れた時点で祐一は意識を失っており、真琴が出てきたあそこからは祐一の夢なのではないか。真琴が出てきたことで、祐一は夢だということを意識し、夢の中ででもいいからあゆに会いたいと思う。それで目の前が光りだし、その先にはあゆがいる。

どちらにしろ次回の放送を見ないとわからないことなんですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osananajimi.blog24.fc2.com/tb.php/277-6e405eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Kanon 第2巻/アニメ突然の知らせ・・・祐一と名雪は急いで病院へと向かった。意識を失い病院のベットに横たわる秋子・・・。名雪は、事故は自分のせいだと言いそして自室にこもってしまう・・・。
2007/03/07(水) 20:12:39 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。