幼なじみ属性のオタク君が徒然なるままに書き綴るブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビに惑わされてはいけない。落ち着いて見るととても酷い。スポーツ番組ではない。完全にバラエティー番組、バラエティー試合になっている。
ちょっと個人的に感じたことを書いてみる。


観客
実際会場に行った人の感想などを見ていると「部活の先輩に声援を送るような応援」「KAT-TUN目当てで行きました」など真剣にバレーボールを見に行ってるのか疑問に思うような感想が多い。放送を見ていても、まるで試合に興味が無いようなかんじで隣の人と笑いながら話している人が目に付く。これではバレーボールを見に行ってる意味が無いように感じる。真剣にバレーボールを見に行ってる人はこの会場に果たして何人いるだろうか。

応援
別にKAT-TUNが出てることには文句は言わない(賛成できないが)。しかし、KAT-TUNが選手にニックネームをつける意味があるだろうか。テレビを見ていて選手の名前が出るたびに「スーパーなんちゃらかんちゃら~」などというニックネームなどが出るのは、正直鬱陶しい。
さらに日本が得点を決める度に選手の名前を叫ぶのはどうかと思う。もし自分が選手だったら、毎回あんな風に叫ばれていたらとても集中できない。見ている側も落ち着かない。
「ニッポンチャチャチャ」などの掛け声(?)を放送であおるのも、北朝鮮じゃないんだから止めてほしい。まったくフェアな応援ではない。なにより応援しようという個人の気持ちが感じられない。

その他(?)
長い風船のようなものを使って応援するのはいいが、あれじゃ試合が見えないだろ?
試合前にKAT-TUNが歌う必要はあるのか?

早い話が、テレビ局と主催者の過剰演出だ。積極的な演出ではない。いくら視聴率が欲しい、盛り上がりが欲しいとはいえここまでいくとやり過ぎだと思う。「カオル姫」「マジカル加奈(だっけ?)」などマスコミがニックネームをつけ、ジャニーズを使い煽らなければ人気が出ないスポーツに視聴率を求めること自体間違っているような気もするが、幸い、バレーボールは日本で人気があるスポーツである。春高バレーのように真剣にバレーボールのみで勝負してみればいい。それか、欧州サッカーのように深夜放送にするか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osananajimi.blog24.fc2.com/tb.php/67-38fa62dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。